ページトップへ

坂井市まちづくりセンター

会社概要

代表挨拶

代表写真

もっと魅力あふれる「人・モノ・文化」づくりを。

ここ福井県坂井市は、海あり山ありと自然豊かで生活の利便性もある、とても暮らしやすい街です。
生まれも育ちも坂井市である私ですが、生活するには魅力的な街だと考えています。

しかし街ぐるみで精力的に活性化を図っている他の県、市区町村と比べると、その盛り上がりは比較的静かなものであるという印象です。

丸岡城・越前ガニ・東尋坊といった全国的にも知名度のある観光資源・グルメもあります。
住みやすさも抜群の坂井市ですが、内にも外にもその魅力が十分に伝わっていないと感じます。

その魅力をより多くに人に知ってもらいたい。
なによりこの街に住む人・若者・子供たちがその魅力を認識し、誇りを持ちながらより豊かな暮らしを送れる街にしたい。

そのために、行政のみに頼らず民間主導で様々な事業を行い、そこに参加する人々と知識や体験を共有し、より魅力あふれる「人・モノ・文化」づくりを目指します。

坂井市の新しい未来を描くためには、当然私ひとりだけの力でできることなどありません。
より多くの人を巻き込み、その実現に向けて精力的な活動を行うべく、その第一歩として、坂井市まちづくりセンターを設立しました。

一般社団法人 坂井市まちづくりセンター 代表理事:和田真幸

 

坂井市まちづくりセンターのビジョンと方向性

『稼ぐ意識改革』で持続可能なまちづくりへ。

よくある「まちづくりが続かない原因」として、”ボランティア疲れ”が挙げられます。
まちづくりという視点では、民間のプレイヤーが圧倒的に不足しているのが現状です。
行政に依存する従来の活動では、参加するみなさんも基本的に無償の場合がほとんどです。

これでは当然、責任も達成感も満足には得られません。
対価を得ることは事業を盛り立て、参加する人を増やし、持続していくために必要不可欠なのです。

行政の強みは、ネットワーク力、情報力、信用力。
民間の強みは、スピード感、発想力、そして”稼げる”ことです。

行政に依存するばかりの現状から脱却し、民間主導でまちづくりを行う。
そのための意識改革から取り組みたいと考えています。

スタッフ紹介

執行委員

仲川 龍一

株式会社肉研
代表取締役

執行委員

中野 智啓

株式会社ウォール
代表取締役

執行委員

伊藤 宗城

wizrise
C3PO

執行委員

小松 美穂

小松屋
女将

執行委員

筧 美絵

salon.5ive
代表

相談役

竹本 祐司

一般社団法人 福井県まちづくりセンター
代表理事